なぜだかピンチの時や必要な時に必要な人がスッと現れて、どういうわけだか俺を助けてくれる。

大型トラックの運転の才能意外では唯一の俺の才能。神がかりレベルの人の引きの強さ。

昨日くらげ亭の常連さんとこんな会話が。

「K分君復活しても、どのみちもう一人足りないからさ、こっちが来て欲しい時に突然来てって言ってもすぐ来てくれる人材いないかね」

「なんかさ、バイトって言うより奴隷?そんな人材欲しいんだよね」

そこまで会話すると卓の若者カップルが「すみませーん」と。

オーダーかなと思い伝票を持って行くと、「あの、僕やらせてもらえませんか?」。

最初何のことか分からなかったのだが、「え、あ、奴隷?」と聞くと「奴隷です」とのこと。

そんなん採用に決まってるのだが、一応条件等(奴隷のw)話そうかということで明日面接。

明日は怒涛の圧迫面接編です。

お楽しみに!